女性

歩き遍路をするなら必要なアイテムを揃えよう

観光客向けの人気エリア

ウーマン

関東有数の温泉地として知られる群馬は、いずれも観光客が利用しやすいように整備されています。バリアフリーや幼児用備品を完備する旅館が増えています。県の発表では泉質が8種類あるとされ、日帰り温泉でハシゴも可能です。鉄道や送迎バスとマイカーなどアクセス手段も幅広く選択できます。

ホテルを満喫する

ベッド

ホテルエミオン東京ベイは、東京ディズニーリゾートのパートナーホテルです。新浦安駅から徒歩7分のところにあります。ホテルに泊まるためには、オフィシャルホームページや様々なホテルの宿泊サイトから予約することが可能です。

格安で泊まれる方法

ホテル

格安でホテルの予約を取るには、一括比較サイトの活用がおすすめです。気になるホテルの最安値を知ることもできます。また旅行会社が会員限定で配信するプランは、予約が取りやすいという利点があります。最後にホテルの公式サイトをチェックすることで、よりお得に利用できます。

出発前に心得ておきたい事

男女

基礎知識と必要な物

四国八十八ヶ所を巡礼する方法の最も基本的なものが歩き遍路ですが、歩いて全工程約1200キロを踏破するとなるとそれなりの準備が必要となってきます。1200キロの長丁場ですから歩くとなると早い人で約40日、遅い人で約60日が目安となるので、まず費用の確保が必要となってきます。宿に泊るとなると1泊2食付で7000円前後、食費、納経代金、その他込みで最低1日約1万円はみて置く必要があります。大金を持ち歩く事は紛失や盗難の危険性もあるので、数日分だけを持って後はキャッシュカード利用の方が安心です。遍路道沿いにはお金をおろす銀行やコンビニが少ないので、田舎町でも多い郵便局で利用出来るカードの方が便利です。歩き遍路は1日約20〜40キロ歩くのでそれなりの体力が要求されます。荷物が入った10〜15キロ位のバックパックを背負い、山道や海沿いの道を雨風や直射日光に晒されながら歩くので、体力に加えて持久力・忍耐力も必要となってきます。ですから歩き遍路に出る前は、事前にジョギングなどをして充分なトレーニングを積んで体を鍛えておきましょう。歩き遍路に向いているシーズンは春と秋です。夏は炎天や台風、冬は南国・四国と言えども雪も降る日や氷点下の日もあるので、気候が安定した春か秋がやはり最適なシーズンとなっています。歩き遍路は何も一度に八十八ヶ所のすべてを廻らなくてもよく、何回かに分けて歩いてもご利益は変わりません。一度に廻る事を「通し打ち」、分けて歩く事を「区切り打ち」と呼んでいます。また、すべてを自分の足で歩いて廻らなくても、疲れた時や体調が悪い時にはバスやタクシーを使っても、それは別に構わない事です。自分のその時の置かれている状況、金銭面や体力、日程などを考えて遍路をすればよいでしょう。